ここから本文です

【西武】59年ぶり13連勝…稲尾が作った1958年の記録

8/5(土) 6:04配信

スポーツ報知

◆西武8―4ソフトバンク(4日・メットライフドーム)

 西武が、西鉄時代の1958年以来59年ぶりとなる13連勝を飾った。1点を追う5回、浅村の中前打と山川の2点二塁打で逆転すると、7回には中村の24号ソロを含む打者9人で一挙4点を挙げ、首位のソフトバンクを突き放した。ゲーム差は5・5まで接近。楽天を含めたパ・リーグの優勝争いから目が離せなくなってきた。

【写真】13連勝を飾った中村(右)ら西武ナインは、ハイタッチで勝利の喜びを分かち合った

 1958年の西鉄は、公式戦ではオールスター前の11ゲーム差をはね返し、日本シリーズも3連敗から4連勝と“奇跡の逆転劇”で3年連続日本一。「神様、仏様、稲尾様」の言葉が生まれた。

 連勝が始まる前の9月13日、首位の南海、2位の阪急に次ぎ、首位と3・5ゲーム差の3位だった。14日、大毎とのダブルヘッダー第2試合に西村、島原、河村のリレーで完封勝ちすると25日の阪急戦まで9連勝。ここで首位を走る南海と本拠・平和台で1ゲーム差の直接対決を迎えた。

 27日の初戦は延長10回0―0の引き分け。南海はエース・杉浦が1人で投げきったのに対し、西鉄は畑、島原を起用し、5回から稲尾を投入。翌日の試合も南海は杉浦を起用したが初回、中西の看板直撃特大左中間3ランで先行するなどKO。5回から再び稲尾を投入し、10連勝でついに首位に立った。

 西鉄は続く近鉄戦での3連勝を加えて、2試合残してリーグ3連覇を決めた。ヒーローは引き分けを含めて14試合中、12試合に登板した稲尾。この間、59回1/3を投げて自責点はわずか2。7勝1分けに現在の規則に当てはめると3セーブ。勝敗に関係なかったのは胴上げ試合のご祝儀登板だけだった。

最終更新:8/5(土) 8:32
スポーツ報知