ここから本文です

不発のポドルスキ、逆転負けに試合後も怒りは収まらず…判定への不満も吐露

8/5(土) 23:36配信

GOAL

前節の大宮アルディージャ戦で2ゴールを決め、衝撃のデビューを飾ったヴィッセル神戸FWルーカス・ポドルスキ。しかし、この日の柏レイソル戦では厳しいマークに遭い、連続ゴールを奪うことはできなかった。

リーグ戦3連勝を狙った神戸は5分に三原雅俊のゴールで先制したものの、後半立ち上がりに同点とされてしまう。67分にはMF田中英雄が一発退場となり数的不利に立たされると、72分と76分に連続ゴールを許し、逆転負けを喫した。

試合中から苛立ちを見せていた元ドイツ代表ストライカーは、試合後のミックスゾーン(取材エリア)でも、その苛立ちを抑えきれなかった。

自身の出来について問われると、「1-1になってから難しい試合になり、結果的に3-1で敗れてしまった。審判の判定が左右した部分は大きかった」と判定への不満を口に。さらに、序盤からイライラしていた原因について質問が飛ぶと、逆転で敗れた試合後にイライラしているのかという質問と勘違いしたのか、語気を荒げる一面が見られた。

柏に敗れた神戸は連勝が2でストップ。勝利を収めたサガン鳥栖に抜かれて10位に順位を落としている。次節はホームで2位の鹿島アントラーズと対戦する。

GOAL

最終更新:8/5(土) 23:36
GOAL