ここから本文です

リプレー検証で本塁セーフに…中日先制点 ビシエド、タッチかいくぐる

8/5(土) 14:31配信

デイリースポーツ

 「巨人-中日」(5日、東京ドーム)

 中日が本塁クロスプレーのリプレー検証の結果、先制点を得た。

【写真】1度はアウトと宣告されたが…

 二回、2死一塁の場面で、藤井が左中間を破る長打を放った。一走のビシエドが懸命に本塁に突入。巨人も陽-坂本-小林と中継プレーで素早く本塁にボールが返り、際どいタイミングとなった。判定はアウト。しかし、森監督のアピールもあり、リプレー検証が行われた。

 VTRで見ると、本塁後方でボールを受け、走者を待ち構える形で捕手の小林がタッチ。ビシエドは左手でタッチをかいくぐるようにして本塁ベースに触れた。

 約2分の検証の結果、審判から「アウトと判定しましたが、セーフといたします」とアナウンスされ2死二塁で試合は再開。ビシエドは笑みを見せていた。