ここから本文です

<千葉県警警部>女性の後ろ姿をスマホ撮影でストレス解消

8/5(土) 15:00配信

毎日新聞

 ◇君津署の40代男性課長 任意で事情を聴かれる

 千葉県警君津署生活安全課長の40代男性警部が先月、同県木更津市の店舗で女性客の後ろ姿を勝手にスマートフォンで複数回撮影したとして、木更津署に任意で事情を聴かれていることが捜査関係者への取材で分かった。県警は懲戒処分を検討している。スマホには他にも複数女性の後ろ姿の画像があった。警部は「仕事上のストレスがあった。撮影するスリルで解消していた」と話しているという。

 捜査関係者によると、先月18日夕、同市内のディスカウントストアで、女性客が「後をつけられている」と感じ、別の人を通じて110番した。駆けつけた木更津署員の調べで、勤務終了後に店を訪れていた警部の撮影が発覚。女性はホットパンツ姿で下着などは写っていなかったという。2人に面識はなかった。

 県迷惑防止条例は、公共の場所で他人を著しく羞恥(しゅうち)させたり、不安にさせたりする言動を禁じており、下着の盗撮なども該当する。県警は警部の行為も同条例違反(盗撮)に該当する可能性があるとみて調べているが、後ろ姿のみの撮影は現行犯逮捕されたケースもある一方、被害感情の大きさなどによっては逮捕・起訴が見送られる場合もあるという。

 県警監察官室は「調査中なのでコメントは控える」としている。【斎藤文太郎、秋丸生帆】

最終更新:8/5(土) 15:00
毎日新聞