ここから本文です

【サニブラウン一問一答】メダル狙えるんじゃないかという気持ちがあった

8/6(日) 4:40配信

デイリースポーツ

 「陸上・世界選手権」(5日、五輪スタジアム)

 男子100メートル準決勝(各組2着まで+タイム上位2人が決勝進出)が行われ、日本選手権短距離2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は、スタート直後に躓く痛恨のミスで10秒28(向かい風0・2メートル)の2組7位に終わり、日本人初の決勝進出を逃した。

【写真】やっちゃった…ガックリ膝をつくサニブラウン

 以下はサニブラウンとの一問一答。

 -スタート直後にバランスを崩した?

 「いや~やらかしましたね。盛大にやらかしたね。3、4歩目ぐらいだと思う」

 -原因は?

 「予選はスタートの時に出る角度が。反応は良かったんですけど、背中がふくれあがってから足が動いて、それをコーチと一緒に修正しようという話になって。おそらくいい角度で出れているんですけど、それに足がついてこなくて、躓く形になったのかな。そこで足が上がってきたらいけていたと思うんですけど、そこが至らなかったのかな」

 -緊張は?

 「全然なかったです。レベル的にも正直全然いけましたし、悔しいですね」

 -躓いた後は?

 「あ~とか思いながら、足を頑張って前に運ぼうとしていたんですけど、若干気持ちが切れてしまった。巻き返せなくはなかったと思うんですけど。そういうメンタル面も今後につなげていきたい」

 -予選の結果でいけそうな気はしていた?

 「本当に行ける気しかしなかったです。正直。これは本当に決勝にいって、メダルまで下手したら行けるんじゃないか、狙えるんじゃないかという気持ちがあった。本当にああいうレースをしてもったいない。でもここでこのレースをして、この敗因を今後に繋げられたら。過ぎちゃったことはしょうがないんで」

 -100メートルの準決勝は?

 「短いというのがある。200メートルも一部分一部分が大事なんですけど、100はより一歩一歩が大切になる。一つでもミスを犯すとそこで出遅れてしまって、巻き返すのが大変になるというのを肌で感じたレースだった」

 -200メートルに向けて。

 「1日オフがあるので、そこでリフレッシュして、しっかり切り替えて、予選に挑めれば」

 -今大会で引退するウサイン・ボルトと一緒に走ることはできなかった

 「悔しいですね、やっぱり。一度ぐらいは走りたかったですけど。まあそうですね。過ぎたことはしょうがない。切り替えていけたら」

 -多田選手は2回ボルトと走った。

 「強運ですね(笑)」