ここから本文です

【MLB】途中出場のM.モアランドがサヨナラ弾、Rソックス4連勝

8/5(土) 15:41配信

ISM

 ボストン・レッドソックスは現地4日、地元でシカゴ・ホワイトソックスと対戦。試合は延長11回までもつれたが、途中出場だったミッチ・モアランド一塁手のサヨナラアーチで制し、3対2で勝利した。これで連勝を4に伸ばしたア・リーグ東地区首位のレッドソックスは2位ニューヨーク・ヤンキースに3ゲーム差をつけている。

 試合の転機となったのは、4打数ノーヒット、3三振だったレッドソックスのハンリー・ラミレス一塁手が左の腹斜筋を痛め、10回の守備からモアランドと交代したこと。モアランドは11回裏に2死走者なしで回ってきた最初の打席で、ホワイトソックスのアーロン・バマー投手から値千金のサヨナラ弾を放った。

 モアランドは「5回からウォームアップはしていたから、出る準備はできていた。ああいう状況ではいつでも自分にいつでも出られるようにしておけと言い聞かせてるんだ」とベテランらしいコメントを残していた。(STATS-AP)

最終更新:8/5(土) 15:41
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 13:45