ここから本文です

藤枝明誠、4番・中田猛打で好調アピール

8/6(日) 9:03配信

スポーツ報知

 全国高校野球選手権で、津田学園(三重)との甲子園初戦を7日に控える藤枝明誠は5日、京都学園大で練習。シート打撃では4番・中田悠斗主将(3年)が本塁打を含む6打数3安打と絶好調をアピールした。また9番の西村竜馬(2年)も3安打と好調だ。

【写真】シート打撃で3安打した西村

 頼れる4番が、右へ左へと飛ばしまくった。第1打席は軽く当てただけに見えたが、右翼フェンスを超えるアーチ。第5打席では左翼フェンス直撃の二塁打だ。「(本塁打は)ヘッドを立ててうまく振れた。自分でもビックリです。二塁打はレフトフライかと思ったけど、伸びてくれました」と中田は笑顔を輝かせた。

 1回戦を2日後に控え、心技体とも充実している。この日も先頭に立って声を出し、ナインを鼓舞。全体ノックでは右翼から全身のバネを使った豪快な返球を連発した。シート打撃でもチームトップタイの3安打。2巡目からは京都学園大の投手4人が特別に登板してくれて、「すごい球でした。いい勉強になりました」。光岡孝監督(39)も「打席でボールを見るだけでも違う。いい練習ができました」と大学側の好意に感謝した。

 恐怖の9番・西村も、しぶとく左翼線に落とすなど3安打。今夏の県大会準々決勝までは11打数1安打だったが、父・守彦さん(41)からメールでアドバイスを受けてフォームを修正し、静高との準決勝で5安打と爆発した。「準備はできています。四球でもいいから出塁して、上位につなぐ役割をしたい」。6日は開会式リハーサル。聖地を行進して、闘志をさらに高めていく。(里見 祐司)

最終更新:8/6(日) 9:08
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 2:30