ここから本文です

奄美地方に相次いで記録的短時間大雨情報発表(5日17時現在)

8/5(土) 17:25配信

ウェザーニュース

 奄美市付近、龍郷町付近では16時30分に1時間雨量約120ミリ以上の猛烈な雨を記録。また、16時40分には奄美市笠利付近で約120ミリの猛烈な雨を記録。名瀬測候所は5日16時37分、5日16時46分にもそれぞれ記録的短時間大雨情報を発表しました。

 今日の奄美地方では、これまでにも奄美市付近で1回、瀬戸内町で3回、記録的短時間大雨情報が発表されています。また、喜界島では50年に一度の記録的な大雨となっているところがあります。

 台風周辺の活発な雨雲は昨夜から奄美大島にかかり続けています。奄美の大雨のピークは今日の18時頃までの予想。土砂災害の危険性が非常に高まっていますので、厳重な警戒が必要です。

◆記録的短時間大雨情報とは?
 気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

 一般的に、この情報はテレビのテロップで周知されます。この情報が発表された地点は、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。
地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。

ウェザーニュース