ここから本文です

8月6日の天気 九州南部は台風5号最接近、厳重な警戒を

8/5(土) 19:12配信

ウェザーニュース

 台風5号に近い種子島や屋久島、奄美諸島では暴風雨や高波が続いています。明日6日(日)は台風5号が九州南部に最接近、上陸の恐れがあります。

 台風の動きは非常に遅く、九州南部は5日(土)深夜以降、長時間の暴風雨が予想されます。大雨による河川の増水や氾濫、道路や家屋の浸水、土砂災害に厳重な警戒が必要です。暴風による倒木や大きな物の飛来、高波にも最大限の警戒をしてください。

 九州北部や四国、中国では、台風の接近で6日(日)夕方~夜には雨や風が段々と強くなります。食料や停電対策の買い出し、家の外にある小物の片付けは早めに済ませてください。

 また、気温は高く、中国四国・近畿エリアを中心に猛暑が続きます。熱中症対策も欠かせません。

 北日本や東日本の太平洋側は、隙間の日差しはあっても雲が多く、スッキリしない空。パラパラ、サーッとにわか雨の可能性があるので折りたたみ傘があると安心です。

 日本海側はジリジリと強い日差しが降り注ぎます。真夏の暑さが続き、体調管理に注意が必要です。熱中症、紫外線対策が欠かせません。また、内陸部では急な雷雨が発生する可能性があります。モクモクした雲が近づいて来たり、雲の底が黒くなると天気急変に注意が必要です。

ウェザーニュース