ここから本文です

おかやま山陽と初戦 夏の甲子園9日第3試合 聖光学院

8/5(土) 9:31配信

福島民報

 第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会は4日、大阪市のフェスティバルホールで開かれ、代表49校の初戦の対戦相手が決まった。11年連続14度目の出場となる福島県代表の聖光学院は大会第3日の第3試合(9日午後1時開始予定)で岡山県代表のおかやま山陽と一回戦で対戦する。
 おかやま山陽は春夏通じて甲子園初出場。岡山大会をノーシードから勝ち上がり、決勝は雷雨の影響で延長11回引き分け再試合となった激闘を制した。
 壇上でくじを引いた聖光学院の仁平勇汰主将(3年)は初戦の日程、対戦相手が決まり「全員で一丸となって勝負できれば結果はついてくる。自分たちのプレーを貫き、一試合ずつしっかりと戦っていく」と気を引き締めた。斎藤智也監督は「決勝再試合を制してきたチーム。精神的に相当タフな相手だろう。対策を練って初戦に備えたい」と語った。
 聖光学院は一回戦に勝った場合、二回戦で早稲田佐賀(佐賀)と聖心ウルスラ学園(宮崎)の勝者と対戦する。大会は7日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。

福島民報社

最終更新:8/5(土) 9:43
福島民報