ここから本文です

ボルト、100メートル予選は10秒07「いい走りができた。あしたに向けて準備をするだけだ」/世界陸上

8/5(土) 5:21配信

サンケイスポーツ

 陸上・世界選手権(4日、ロンドン)2012年ロンドン五輪のメインスタジアムだったロンドン競技場で開幕。男子100メートル予選6組で、世界記録(9秒58)保持者のウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=は追い風0・3メートルの条件化、10秒07で1着。5日(日本時間6日)に行われる準決勝に駒を進めた。

 観客の視線を独り占めした。スタートで出遅れたボルトだったが、中盤からライバルとの差を縮め、終わってみれば余裕の1着だった。

 「いい走りができた。あしたに向けて準備をするだけだ」

 2008年から五輪3大会連続で100メートルと200メートルを制覇。驚異的な世界記録も樹立し、約10年にわたって世界トップであり続けた。その存在感は競技の枠を超えている。1日にロンドン市内で行われた会見では、世界各国から約320人の報道陣が集まった。

 国、地域を超えて注目される「生きる伝説」の唯一の個人種目となる100メートル。30歳で臨む最後の舞台へ、王者のままスパイクを脱ぐ。