ここから本文です

女優・秋川リサさんを、“ひきこもり”から立ち直らせた保護犬「モモ」

8/5(土) 10:00配信

sippo

 女優、タレント、ビーズ作家として活躍する秋川リサさん(65)が東京都渋谷区の自宅に“ひきこもり”状態になったのは、今から5年前のこと。かろうじて仕事には行くものの、それ以外は家からほとんど出られなくなった。

【写真特集】モモとの2年半

 きっかけは、飼っていた犬の死だった。

「チェリーという犬で、17歳まで生きました。家族だけでなく近所の人や友人にも可愛がられ、亡くなった日は家に20数人も集まったんです。でもその後、自分の心にぽっかり穴が開いてしまい……。チェリーは早死にではなかったけれど、晩年は病気で寝たきりで、もう少し早く気づけてあげればよかったとか、もう少し何かしてあげられたのではとか、考えてしまって」

 チェリーが病気になる前は、どんな時も日に2度散歩に出かけた。その散歩がなくなり、気力も失せてしまった。一日が長く感じられ、部屋の模様替えばかりしていた。

「周囲にペットロスだよ、また犬を飼えば、なんて言われましたが、自信が持てませんでした」

 リサさんは昨年6月には母親を89歳で亡くした。その母が晩年、認知症になり、施設に入るまでの2年半は、在宅で世話をしていた。母は散歩に行くといって、チェリーを連れたまま徘徊したこともあった。そんな体験から、60歳を過ぎた自分が犬と暮らす決断ができなかったのだ。

◆周囲が後押し

 だが、元気を失っていくリサさんの様子をみて、友人たちは“やはり犬のパートナーがいた方がいいのでは”と心配し、家族も背中を押した。

「独立した娘が『何かあれば、私やお兄ちゃんが犬の面倒をみる。ママ、最後のチャンスよ!』と言ってくれたんです。うちにいた犬は代々雑種だし、次も行き場のない犬を引き取りたいと思いました。でも自分で保健所にいって大勢の中から1匹だけ選ぶということがどうしてもできなくて……。そんな中で、1匹の子犬と巡り合ったんです」

 それは、リサさんの友人がネットで見つけた犬で、個人ボランティア宅で保護されている“野犬の生んだ子犬”だった。

「『この犬はどう?』と写真を見せられた時、『あれ?』と思いました。チェリーには似てない犬がいいと思っていたのに、似ていたから。でも、引き取らないと、この子の命がわからないって、みんなが言うのよ。しかも保護されているのは香川県で、遠いなーと(笑)」

1/2ページ

最終更新:8/5(土) 10:00
sippo