ここから本文です

台風5号 九州南部・奄美で大荒れ 長引く影響

8/5(土) 6:04配信

ウェザーマップ

 九州南部・奄美地方は、強い台風5号の影響で大荒れとなっている。台風は、6日(日)には強い勢力を維持したまま、九州にかなり接近する見込みで、九州南部・奄美地方を中心に、西日本では暴風や高波、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒が必要となる。

 強い台風5号は、きょう5日(土)午前5時、屋久島の南の海上でほとんど停滞している。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は50 メートルで、暴風域を伴っている。
 台風5号はゆっくり北西に進んだ後、次第に進路を北よりに変えて、強い勢力を維持したまま、あすには九州にかなり接近しそうだ。台風は動きが遅いため、台風の影響が長く続くものとみられる。また、7日(月)には、台風が日本付近を北東に進むため、西日本の広い範囲で大荒れとなるおそれがある。

【暴風・高波】

 すでに九州南部・奄美地方では、海上を中心に猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなってる。あす6日には、四国地方や九州北部地方でも非常に強い風が吹き、海は大しけとなる見込みだ。

 <あすにかけて予想される最大瞬間風速>
  九州南部・奄美地方 60メートル
  九州北部地方    35メートル
  四国地方      30メートル

 <あすにかけて予想される波の高さ>
  九州南部・奄美地方 9メートル
  四国地方      8メートル
  九州北部地方    7メートル

【大雨】

 九州南部・奄美地方では、1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り続き、大雨となっている。鹿児島の名瀬では、きょう明け方に1時間に70.5ミリの非常に激しい雨を観測した。また、九州南部・奄美地方と西日本太平洋側の東から南東斜面を中心に、あす6日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みだ。局地的には、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る所があるとみられる。九州南部・奄美地方を中心に、西日本では低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒が必要だ。
 まだ天気が荒れていない地域では、雨や風に備え、ベランダや庭にある風で飛びそうなものを整理したり、排水溝の清掃、避難経路や非常用品を確認するなど、きょうのうちに台風への備えが必要だ。

 <あす朝までの予想雨量>(多いところ)
  九州南部・奄美地方   400ミリ
  四国地方、九州北部地方 150ミリ
  東海地方        100ミリ

 <あす朝からあさって朝までの予想雨量>(多いところ)
  四国地方        400~600ミリ
  九州南部        300~500ミリ
  奄美地方、九州北部地方 200~300ミリ
  東海地方        100~150ミリ