ここから本文です

【動画】九州地方 強い台風5号 上陸のおそれ(5日19時更新)

8/5(土) 19:00配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風5号は、強い勢力を保ったまま、日曜日朝には九州南部へかなり接近、その後上陸するおそれがあります。日曜日は、九州南部や奄美地方を中心に、暴風や高波、土砂災害などに、厳重な警戒が必要です。

 強い台風5号は、日曜日の朝に九州南部に接近・上陸した後、日曜日の夜には九州の北部、さらに月曜日には中国・四国・近畿地方にも接近するおそれがあります。動きが遅いというのが特徴で、日曜日も、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を降らせるような活発な雨雲が、同じ所に長時間かかり続けることで、記録的な大雨となる所があるでしょう。

 九州の南部で予想される雨の量は、日曜日の夕方までの24時間・多い所で、600ミリ、その後月曜日の夕方までの24時間で500ミリとなっています。合計すると、鹿児島で、平年の8月1か月間で降る雨の、およそ5倍に匹敵する値となり、記録的な大雨となるおそれがあります。土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に対して、厳重な警戒が必要です。さらに、九州南部や奄美地方では、日曜日も電柱が倒れるくらいの猛烈な風が吹く見込みです。暴風や高波に対しても、厳重に警戒をしてください。

 また、日曜日は広い範囲で晴れ間がありますが、西日本・東日本では暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が不安定です。急な雷雨にご注意ください。予想最高気温は、西日本で特に高く、35℃以上の猛暑日となる所がありそうです。湿度が高いため、熱中症にも厳重な警戒が必要です。
(気象予報士・宮崎由衣子)

最終更新:8/5(土) 19:00
ウェザーマップ