ここから本文です

センスの差が出る!? リアーナほか人気セレブご自慢のタトゥーFILE

8/5(土) 22:00配信

ELLEgirl

日本ではまだまだ敬遠されがちなタトゥー。体にインクを入れているだけでプールや温泉に入れないといったケースも。一方海外では、ある種のカルチャーとして受け入れられていて、ハリウッドセレブたちの間でもファッションとして広がっている。そこで今回は、セレブたちの最新タトゥー事情をリポート。ほとんど目立たないプチタトゥーから大胆なデザインまで、セレブご自慢のタトゥーをご覧あれ。

【写真】我が子への愛は永遠!子供にまつわるタトゥーをしたセレブ図鑑

リアーナ

胸に沿うように彫られた女神イシスは、2012年に亡くなった祖母を追悼して入れたものだそう。彼女のインスタグラムには、この写真と共に「女神イシス、完璧な女性、次世代のお手本。ドリーおばあちゃん、あなたはいつでも私の心の中にいる」というメッセージが投稿されている。一度見たら忘れられない、強烈なインパクト!

ケンダル・ジェンナー

小さなドットと割れたハートマークのタトゥーをそれぞれ違う指に入れたケンダル。あまり目立たないと思ったら、両方とも色が白なのだそう。そんな控えめなデザインとは対照的に、下唇の裏に黒のインクで「MEOW」と書かれた大胆なものも。

ブルックリン・ベッカム

2017年4月にタトゥーデビューしたブルックリン・ベッカムは、タトゥーサロンでの様子をインスタグラムにアップ。彼が選んだのは、父デヴィッドとお揃いのネイティブアメリカンのタトゥー。でもその画像が公開されるやいなや、SNSでは「文化の盗用だ!」と非難の嵐。

2番目のタトゥーは世界でもっとも人気のアーティスト、ドクター・ウーに依頼。かなり攻めたデザインだけど、アートっぽくてこれはこれでありなのかも。

エド・ウェストウィック

人気ドラマ『ゴシップ・ガールズ』でチャック・バス役を演じたエド・ウェストウィック。ジェシカ・サーファティとの恋が真剣交際に発展した証に、お揃いのハート型タトゥーを入れた模様。ジェシカは2人のタトゥーをインスタグラムで披露している。その後別れて、タトゥーを後悔しないように。

セレーナ・ゴメスとドラマ『13 Reasons Why(原題)』のキャスト

うつ病や自殺といった心の病を題材にしたNetFlixのオリジナルドラマ『13 Reasons Why(原題)』。そのプロデューサーを務めるセレーナと出演たちが、自殺防止を意味するセミコロンタトゥーをお揃いで入れたことが明らかに。

最終更新:8/5(土) 22:00
ELLEgirl