ここから本文です

増加する“梅毒”患者 産婦人科医「キスだけでも感染する」と警鐘

8/5(土) 11:01配信

AbemaTIMES

 望まない妊娠、性感染症、デートDV、これらの問題の背景には性にまつわる知識の不足が原因として挙げられる。AbemaTV(アベマTV)でSHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、ゲストたちが学校では教えてくれない知識を伝授。保健体育の教科書では分からない教育の実態を語った。

 産婦人科医の河野美代子さんは、医療現場で直面している現状を踏まえてピルや性感染症の知識を伝授。「日本だとピルは副作用がたくさんあると言われているけれど、ピルには良いところがたくさんある」としたうえで、確実に避妊ができることや、生理不順の改善、生理痛の軽減などの効能があると話した。

 さらに「ピルを飲んでいると排卵をしないから卵巣がんの発生率を抑えられるし、大腸がんのリスクも減る。多くの女性が健康管理のためにピルを飲んだほうがいいと思う」と主張。

 一方でレイプ被害者になってしまったなどハプニングが起こった場合にはアフターピルを飲む必要があるという。「ピルを飲んでいたらほぼ100%に近い避妊をすることができるけど、アフターピルは85%くらいしか妊娠を防げない。しかも72時間以内に飲まないと効果がない」とし、アフターピルは産婦人科でしか購入できないことも説明した。

 性感染症のなかでも梅毒だけは避妊具で防げない。「梅毒は今かなり患者数が増えていてキスだけでもうつります。早期発見であれば治療できる病気なので、女性は産婦人科、男性は泌尿器科で診てもらうこと」と話した。

 キスだけでも感染してしまう梅毒の恐ろしさにスタジオは騒然。実際に病院へ行き、相談することに抵抗がある人もいるが、河野さんは「自分から『性感染症の検査をしてください』と言ってこられた人は、とてもしっかりした方だなって思います」とコメント。もし少しでも症状が出たら、迷わず病院へ行って欲しいことを伝えた。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

最終更新:8/5(土) 12:48
AbemaTIMES