ここから本文です

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』の新ヒロイン!イザベラ・モナーに直撃インタビュー

2017/8/5(土) 23:10配信

ELLEgirl

トランスフォーマーたちの知られざる真実が明らかにされるシリーズ最新作『トランスフォーマー 最後の騎士』。シリーズ史上最年少のヒロインに抜擢されたのは、撮影当時14歳だった新星イザベラ・モナー。マイケル・ベイ監督に「この子!」と確信させた実力と魅力を兼ね備えたイザベラが撮影秘話から、大好きなファッションに対する思いまで、じっくり語ってくれた。

【写真】注目イザベラ・モナーも。MTVアワード 2017でベストドレッサーを探せ!

シリーズ史上最年少のヒロインに抜擢

――歴代の「トランスフォーマー」シリーズは見ていた?

最初の作品が公開されたとき、私は6歳くらいだった。実は最初、自分がこの映画を気に入るとは思っていなかったの。アクションとか、車とかが多いから、私向けの作品ではないと思っていた。でも10歳くらいのとき、兄弟に無理やり見させられたの。1作目を両親のベッドの上で見たのよ。どうしてなのか覚えていないけれど、それから一気に3作見てしまったの。それ以来、大好きな映画になったわ。いつも「トランスウォーマー」シリーズは、心のどこかにある感じ。シャイア・ラブーフも、彼の演じたサム・ウィトウィッキーも大好きなの!

――歴代のヒロインで好きなのは誰?

ヒロインはミーガン・フォックスかな。彼女はとても美しいし、自分を持っている。彼女が作品を素晴らしいものにしていると思っている。おてんばなタイプの女の子で、シャイアとの関係でも自立しているでしょ?

――憧れのシャイアやミーガンの出世作となったシリーズに出演が決まったときの感想を教えて。

最初はちょっと圧倒されてしまったかも。セットでもちょっと緊張していたけれど、監督は私がこの作品を見て育ったということを知ってくれていた。少しナーバスになっていたけれど、自分でもこの役を演じたいことがわかっていたし、イザベラを演じる上で自分にできることが何かあるってわかっていた。私は「自分を信じなさい」って言ってくれる素晴らしい人に囲まれて育ったの。だから出演が決まったことにも、何か意味があるって思ったわ。

1/3ページ

最終更新:2017/8/5(土) 23:10
ELLEgirl