ここから本文です

男子単8強出揃う、インターハイ2017<男子テニス>

8/5(土) 21:23配信

tennis365.net

インターハイ

高校日本一の座を決めるインターハイ(平成29年度全国高等学校総合体育大会)は大会4日目の5日、男子シングルス1~4回戦が行われ、ベスト8が出揃った。

【インターハイ組み合わせ】

全国選抜高校テニス大会に続く春夏連続の日本一を狙う菊地裕太(相生学院)を筆頭に、佐々木健吾(高松北)、中川舜祐(光泉)、白石光(秀明八千代)、田口涼太郎(大分舞鶴)、星木昇(岡山理大附)、武藤洸希(大成)、丹下将太(早稲田実業)の8選手が準々決勝に駒を進めた。

大会5日目の6日は、男子ダブルス1回戦から準々決勝までが行われる予定で、午前9時試合開始となっている。

準々決勝の組み合わせは、下記の通り。

【男子シングルス準々決勝】

菊地裕太(相生学院) vs 佐々木健吾(高松北)

中川舜祐(光泉) vs 白石光(秀明八千代)

田口涼太郎(大分舞鶴) vs 星木昇(岡山理大附)

武藤洸希(大成) vs 丹下将太(早稲田実業)

個人戦シングルスは、1~4回戦が8ゲームズプロセット、以降は3セットマッチで各試合が行われる。

4日には団体決勝が行われ、男子は相生学院(兵庫)が秀明八千代(千葉)を下し、2連覇を達成して春夏連続の日本一に、女子は四日市商(三重)が松商学園(長野)に勝利して初優勝を飾った。

昨年の個人戦では、男子シングルスは野口莉央(神奈川/湘南工科大付)、女子シングルスでは細木咲良(島根/開星)、男子ダブルスは大島立暉/ 菊池裕太(兵庫/相生学院)、女子ダブルスは下地奈緒/ 我那覇真子(沖縄/沖縄尚学)が日本一に輝いた。

tennis365.net

最終更新:8/5(土) 21:34
tennis365.net