ここから本文です

九州北部豪雨から5日で1カ月

8/5(土) 16:09配信

ホウドウキョク

福岡・大分両県で死者36人を出した九州北部豪雨から、5日で1カ月。被災地では、厳しい暑さの中、復旧作業が続いている。
5日午前9時すぎには、早くも気温が33度を超えた福岡・朝倉市では、土埃(ぼこり)が舞う中、被災者や全国から駆けつけたボランティアが、家財道具の搬出や床下の泥出し作業に追われている。
被災者は「どれも大変ですよ。あとこれが何年続くのか」と話した。
7月5日の九州北部豪雨では、福岡県内で33人が死亡し、現在も5人が行方不明となっていて、午前10時には犠牲者に黙とうがささげられた。
7日の未明には、台風5号が被災地に接近する見込みで、被災者にとっては気が休まらない日々が続くとみられる。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/5(土) 16:09
ホウドウキョク