ここから本文です

お金の大切さ知って 横須賀で「こども金融教室」

8/5(土) 6:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 お金の大切さを知ってもらう「こども金融教室」が4日、横須賀市小川町のかながわ信用金庫で開かれた。市内の小学生と保護者約40人が参加し、仮想の店舗経営を通して売り上げと利益の違いなどを学んだ。

 6グループに分かれ、お弁当店やアイスクリーム店、すし店など経営したい店をそれぞれ選択。社長や営業部長、経理部長といった役割を決め、商品名や価格、セールスポイントを話し合った。

 続いて実際に他のグループのメンバーを相手に販売を体験。「超ふわふわなアイスクリーム300円です」「三崎直送の新鮮な極上マグロづくし500円。おいしいですよ」などとアピールしながら、売り上げを競った。

 最後に売り上げから原料代を引き、利益を計算。アイスクリーム店を経営した4年生(10)は「いっぱい売れてうれしかった。値下げせずに売ったのでたくさん利益が出た」と笑顔で話していた。