ここから本文です

京都の銭湯で、熱い芸術の湯めぐり祭

8/5(土) 8:00配信

Lmaga.jp

京都市内の4つの銭湯を中心に、演劇、絵画、音楽、インスタレーションなどを展開する『京都銭湯芸術の祭り MOMOTARO 二〇一七』が、8月13日からおこなわれる。

【写真】舞台公演は雰囲気の異なる2カ所の銭湯でおこなわれ、同じストーリーながら感じ方も異なるものに

3回目の開催となる今年は、アートの展示にとどまらず、銭湯を舞台に演劇や音楽、ダンスなどを加えた総合芸術舞台の公演も開催。この公演で観客は、鬼退治から戻ってきた現代の「モモタロー」を担いだ神輿とともに銭湯に入り、脱衣所、浴室へと移動しながら物語に巻き込まれていくという。そこに、生演奏や踊り、アート作品が交わり、独創的な世界が繰り広げられる。銭湯芸術祭実行委員は「ゆらゆらと銭湯に入って、沸き上がる芸術の祭りを体感してください」と話す。

また、祭りの関連イベントが多彩で、線香花火大会、紙芝居ワークショップ、盆踊りアワー、流しそうめんなど、夏休み中の子どもたちも風呂を楽しみながらアートに触れることができる企画も多い。ほかに、銭湯リノベーションで人気のカフェ「さらさ西陣」(京都市北区)でのライブや、京都の街を楽しみながら銭湯を巡る自転車ツアーもあるので、熱い「銭湯芸術」の湯けむりに巻き込まれてみては。舞台公演は8月14日(錦湯・京都市中京区)と17日(梅湯・京都市下京区)に開催、料金は3500円。

取材・文/太田浩子

最終更新:8/5(土) 8:00
Lmaga.jp