ここから本文です

山崎武司氏、巨人の走塁に「モノ申したい」

8/5(土) 10:00配信

ベースボールキング

 4日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-中日戦』で解説を務めた山崎武司氏が、「モノ申したいのが、ジャイアンツの走塁です」と巨人の2つの走塁に喝を入れた。

 1つ目は1点リードの1回一死一塁で阿部慎之助が、セカンドへライナーを放ったときの一塁走者・坂本勇人の走塁だ。阿部が放った打球は、中日の二塁・荒木雅博の右肩に当たり、打球はセンター方向へ転がっていく。ただライナーだったこともあり、坂本は一塁ベースへ戻ろうとしていたため、素早く打球を処理した中日の遊撃・京田陽太が二塁へ送球しフォースアウトとなった。

 この走塁に山崎氏は「(荒木が)弾いた時に、普通に反応していればセーフなんですけど、(一塁走者の坂本は)背中を向けているんですよ」と指摘した。

 2つ目は4回一死一、二塁から中井大介の二塁内野安打を放ったときの二塁走者・村田修一の走塁だ。中井は一二塁を抜けそうな当たりを放つも、中日の二塁・荒木がダイビングキャッチ。しかし、ボールが手につかず一塁へ送球できなかった。山崎氏は、荒木がボールに手が付かなかった時に「(二塁走者の)村田が全く反応していないんですよ」と納得がいかなかったようだ。

 この2つの走塁を見て山崎氏は「この辺りをしっかり徹底してジャイアンツもやっていかないと、優勝争いはできませんよね」とバッサリ。「(次の塁に)いける、いけないじゃなくて、その出来事を見てるか見ていないか、これって非常に大きい。ジャイアンツの走塁は凡ミスがあったように見えますね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING