ここから本文です

西武、終盤に猛反撃も13連勝でストップ 延長10回に増田が打たれる

8/5(土) 22:16配信

ベースボールキング

● 西武 7 - 8 ソフトバンク ○
<17回戦 メットライフ>

 ソフトバンクが粘る西武を振り切り延長戦に勝利。その西武は終盤に驚異的な粘りを見せたが、球団記録に並ぶ14連勝とはならなかった。

 西武は初回、千賀に対し先頭の秋山が振り逃げで出塁するも、一死二塁から3番浅村、4番中村が立て続けに凡退。3回は下位打線のチャンスメイクで無死一、二塁としたが、ここでも上位打線が振るわず先制点を奪えなかった。

 すると直後の4回表、3回まで1安打投球だった先発・多和田が突然乱れる。先頭の3番松田に二塁打を許したあと、続く柳田、デスパイネには連続四球。6番中村晃には甘くなった変化球を右中間へ運ばれ、これが先制の2点適時二塁打となった。

 踏ん張りたい多和田だったが、再び四球を与えたあと、9番上林にも適時打を許し3失点目。その後、二塁・浅村の適時失策もあり、一挙4点を失った。

 多和田は5回も二死から連打を許すと、8番甲斐にこの試合4つ目の四球を与え降板。満塁で登板した2番手・野田が押し出し四球を与えてしまい、多和田は結局5失点となった。野田も3イニング目となった7回に被弾し計2失点。両投手とも四球絡みで失点し、悔いが残る登板となった。

 打線は6点を追う8回、代わった岩崎から、浅村が12号2ランをマーク。9回は嘉弥真とサファテを攻め、浅村、山川の2点適時打で7-7の同点に追いついたが、10回表に5番手の増田が決勝点を許した。

 西武は驚異的な粘りを見せたものの、最後まで勝ち越せず惜敗。連勝は「13」で止まり、7月19日のソフトバンク戦(北九州)以来となる黒星を喫した。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/25(土) 11:35