ここから本文です

「F1とフォーミュラEはまるで別物」とF1 CEO。自動車メーカーの動向を不安視せず

8/5(土) 12:14配信

オートスポーツweb

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、フォーミュラEへの自動車メーカーの関与が大きくなっていることを不安視しておらず、電気自動車シリーズはF1とは大きく異なるプロジェクトであるとの考えを示した。

メルセデスはDTMから撤退し、フォーミュラEに専念すると発表

 最近、モータースポーツにおいて偉大な歴史を持つメルセデスとポルシェの両社が、2019年にフォーミュラEに参入するというニュースが流れた。急成長中のフォーミュラEシリーズへは、自動車メーカーが大きな関心を示している。

 キャリーが動向を綿密に観察していることは明白だが、最新のニュースに対しては冷静な姿勢を保っている。またフォーミュラEが、今後も継続可能なモータースポーツとして認識されるべきか否かについては疑問を抱いているようだ。

 キャリーは金曜日のハンガリーGPにおいて、ロイターのアラン・ボールドウィンに以下のように語った。

「私のフォーミュラEに対する見方は、一連の出来事があってもみじんも変わらない。自動車産業の主流として、向かう先が電気エンジンであるのは明らかだ。ここ最近で起きたことによって、それが変わることはない」

「現時点のフォーミュラEは、いろいろな意味で、ファンやスポンサー、自動車会社が組み合わさってのストリートパーティーのようなものだと考えている。」

「スポンサーは自分たちの望むように企業理念を追求できる。自動車会社にとってはR&D(研究開発)の場であり、将来において大きく成長を遂げる技術でもある。こうした事柄がスポーツに結びつくのかどうか、私にはわからないね」

 興味深いことにF1もフォーミュラEも、リバティ・メディアの創設者ジョン・マローンの経営する多くの企業の一部である。キャリーもある程度の共通認識を持っているはずだ。

 キャリーはF1の伝統と、チームやヒーロードライバーから成る競技そのものの魅力を強調し、さらに最先端技術との関連性についても強く主張した。

「我々には最先端技術があるが、何よりもまずこれは素晴らしいスポーツなのだ。偉大なヒーローが、尊敬するべき素晴らしい技術を見せる。そして世界中に熱狂的に愛好するファンがいる」

「偉大なるスターが人々の創造力と情熱を捉えるという、素晴らしくエキサイティングなスポーツ。そういったものを我々は見せているのだ。彼ら(フォーミュラE)は環境への社会的課題を持っており、確かにそれは重要だ。それは尊重している」

「環境問題に共感するという訴求力はあるが、彼らは(F1とは)まったく異なった立ち位置にいると考えている」

[オートスポーツweb ]