ここから本文です

租税滞納2年連続で減 金沢国税局、昨年度残高5.9%縮小

8/5(土) 1:55配信

北國新聞社

 金沢国税局が4日発表した2016年度の北陸三県の租税滞納残高は、前年度比5・9%減の129億9700万円となり、2年連続で減少した。新規に発生した滞納額は7・7%減の99億2400万円だった。

 差し押さえなどにより滞納を整理した額は107億4200万円で3・7%減となったが、新規滞納額を上回ったため全体の残高は減少した。

 税目別の滞納残高は、申告所得税が4・3%減の47億9800万円で最も多かった。消費税は6・2%減の45億2千万円だった。法人税は大口の事案が発生したことで9・5%増の17億2300万円となった。

北國新聞社

最終更新:8/5(土) 1:55
北國新聞社