ここから本文です

金沢でナシ「幸水」初競り

8/5(土) 15:57配信

北國新聞社

 金沢市が農産物ブランド「金沢そだち」に認定するナシ「幸水(こうすい)」の初競りは5日、同市中央卸売市場で行われ、163ケース約800キロが競りにかけられた。最高値は1箱(5キロ)3千円で、例年並みだった。

 JA金沢市によると、今年は5~6月の雨不足が心配されたが、甘みとみずみずしさのバランスは良く、出来栄えは上々だという。初競りは昨年より4日遅く、9月上旬まで例年並みの365トンの出荷を見込んでいる。

 初競りに先立ち、山野之義市長が「多くの皆さまに金沢のおいしいナシを味わってもらいたい」とPRした。市農産物ブランド協会の橋田満会長とJA金沢市梨部会の宮川正則部会長もあいさつした。

北國新聞社

最終更新:8/5(土) 16:10
北國新聞社