ここから本文です

流経大柏GK鹿野、優勝の立て役者・薄井との競争制して先発再奪取することを誓う

8/5(土) 5:49配信

ゲキサカ

[8.4 総体決勝 流通経済大柏高 1-0 日大藤沢高 ユアスタ]

 第2GKの立場で経験した日本一。流通経済大柏高GK鹿野修平(3年)は悔しさを滲ませながら、「とりあえず(登録メンバーとして日本一を)経験できたことは、選手権などに繋がってくると思うのでベンチに入れて良かったと思います」と胸を張った。

 鹿野は本田裕一郎監督の「堂々としている」という評価によって1年時にトップチームの先発に抜擢されるなど期待されてきたGKだ。今季のプリンスリーグ関東開幕戦でゴールを守り、その後、ビッグセーブでチームを勝利へ導いた試合もあった鹿野だが、今大会はライバルのGK薄井覇斗(3年)に先発の座を奪われてしまい、出場時間は遠野高との初戦の5分間に留まった。

 今大会優勝の立役者の一人になった薄井について「3年になってから安定感が出てきて、自分よりもいいところがいっぱいある」と評した鹿野は、「そこを少しでも差を縮められれば出られるんじゃないかと思っています」とライバルとの差を埋めて再び先発を勝ち取ることを誓っていた。

 シュートストップに自信を持つ守護神はプリンスリーグ再開までにアピールを続けることを宣言。「プリンス再開して、その次に選手権予選があるので、まずはプリンスから出れるようにしていきたいです」と力を込めた。

最終更新:8/5(土) 5:49
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報