ここから本文です

「いつか孫を連れて見にいくよ」 定年を迎えたパンダの「お父さん」

8/5(土) 9:25配信

CNS(China News Service)

【CNS】「成就(Cheng Jiu)! 双好(Shuang Hao)! 」

 聞き慣れた声で呼ばれた2頭のパンダは、美味しそうに食べていた笹を食べるのをやめ、声がする方向にゆっくりと走っていった。この声の主こそ、中国・杭州動物園(Hangzhou Zoo)のベテラン飼育員、張旭昇(Zhang Xusheng)さんだ。この「パンダのお父さん」である張さんは、パンダ舎での38年にわたる勤務の間、5世代・9頭のジャイアントパンダを育て上げた。

【関連写真】誕生日を祝うパンダたち

 成就と双好の3歳のお誕生日会が行われた7月14日は、張さんの定年退職を祝う送別会という特別な意味も込められていた。

 「張さんは動物園のスタッフで最も長い期間、パンダを専門的に見てきた飼育員だよ」

 動物園のスタッフたちは言う。杭州でパンダの育成に関する最古参の知識と経歴を持ち、そしてパンダに最も愛情を持っている人だ。初代の「培培(Pei Pei)」「迎迎(Ying Ying)」、2代目の「成成(Cheng Cheng)」、3代目の「娅琳(Ya Lin)」「蜀云(Shu Yun)」、4代目の「成大(Cheng Da)」「成小(Cheng Xiao)」と、現在の成就と双好。38年のパンダ飼育人生のなかで、これだけ多くのパンダたちを迎え、また送り出してきた。それぞれ1頭1頭と張さんとの間にあった物語は尽きない。

 38年で5世代のパンダを飼育

 張さんは1975年に同動物園で働き始め、4年後の1979年、同動物園パンダ舎で初代の培培、迎迎の2頭のパンダの担当になってから、2016年9月にやってきた成就と双好まで、5世代のパンダの成長を見守ってきた。

「動物園で働き始めたころは、私はまだ18歳の子供でした。その年に初めて杭州動物園に培培と迎迎がやってきて、彼らは値を付けようもない宝物であると感じ、見ているだけでもすぐに神秘的な珍しさを感じました」

「パンダの育成担当になれると知って、とても嬉しかった。当時、パンダ舎は新築だったし、自分はパンダの担当で、とても誇りに思いました。あのころ、パンダが主食として食べていたリンゴは『紅ふじ』。杭州動物園の動物舎で初めてエアコンが導入されたのが、パンダ舎だったんですよ」と、張さんは当時を振り返った。

 歴代パンダの様々な表情

 初代の培培と迎迎から、2代目の成成、3代目の娅琳と蜀云、4代目の成大、成小、そして現在の成就と双好まで。張さんは、彼らを古い親友のように語る。

「見た目が一番かっこいいのは成就。成大は食べることが大好きだが、わがままで、わんぱく。例えば食事の時、リンゴを食器の中に置いて、彼女は食べるまでに終始食器をおもちゃのようにして遊ぶ。成小は、逆に食べるのが下手で面倒くさがり屋。培培はおとなしくて、遊ぶ時はいつも迎迎にリードしてもらわないと何もできない」

 先月に3歳の誕生日を迎えたばかりの双好はある日、怒り出してなかなか出てこなかった。すでに自分の休憩時間が過ぎてしまった張さんだったが、辛抱強く双好をなだめ続け、気持ちが安定したことを確認してから、自分もようやく食事に行った。

「パンダを普段からおとなしく、かわいいものだと思い込んでははいけない。興奮している時は攻撃性もあります」

 張さんは昔を思い返す。ある日、初代パンダの迎迎がおとなしくなり、餌をねだって彼に近づいたかと思うと、突然、身を翻して攻撃してきた。そのとき服を破られてしまったが、その時は幸い自力でパンダ舎から逃げることができた。

「あの時はとても怖かったけど、まったく後悔などしなかった。本当に、心から彼らのことが好きだったからね」

 初代の培培と迎迎は、張さんとの付き合いが最も長かったことから、自然とその愛情も深い。「迎迎はとてもわんぱくで、いつも私に付きまとって遊んでいた。培培は素直な子だが好き嫌いが多くて、竹の葉を与えても柔らかい部分しか食べなかった」と張さんは話す。

 竹が不足していた1985年前後は、張さんは彼らを満腹にさせたい一心で毎日自転車に乗って一路、同動物園から西湖(West Lake)の西側にある九溪(Jiuxi)まで竹を採りに行っていた。

 培培は、2004年の8月13日、臓器の酷い衰弱のため亡くなった。33歳の高齢だった。

「当時はずっとそばについていたが、まるで老人がこの世を去ってしまったかのように辛くて心が乱れたよ」と張さんは語る。慰めだったのは、培培は人の年齢ではすでに100歳を超えていた長寿パンダで、当時、世界中の動物園で最も長く生きたジャイアントパンダだったことだろう。

「孫を連れて見に来るよ」

 先月開かれたパンダのお誕生日会では、動物園が子どもたちとパンダ愛好者を招待して一緒に祝った。誕生日会のイベントでプレゼント贈呈の際、1冊のアルバムが会場の人たちの注目を集めた。表紙には、「私たちの国宝のパンダを長らくお世話してくれたことに感謝します」と書かれていた。

 このアルバムは、パンダ愛好家たちから、彼らの心の中にいる「パンダのお父さん」である張さんへの贈りものだった。

 「私たち愛好家グループはインターネットで知り合いました。たくさんの動物たちの日常を“生放送”して、動物たちの生活習慣や保護意識、飼育員の苦労なども多くの皆さんに理解してもらいたかったのです」

 愛好家たちも当初は、ただ動物たちのかわいらしさに注目するだけで、飼育員に関心を払うことはなかった。飼育員とも接触する機会を持つうち、愛好家たちは飼育員がパンダを自分の子どものように育てていることを知った。

 自身の定年退職について、特別な思い入れはないという張さん。「年をとればいつか休憩が必要になる。体調が良い時に孫を連れて、一緒にパンダを見に戻りたいね」

「以前は毎日あの子たちを見ていたので、今はまだ、あの子たちがいないことをあまり意識はしないのだけど。ただ、あの子たちはいつも私の心の中にいて、毎日思っていますよ」。定年してまだ数日もたっていない張さんは、最後にそう語った。(c)CNS/JCM/AFPBB News



※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

Yahoo!ニュースからのお知らせ