ここから本文です

山田高、試合形式の練習に汗/高校野球

8/5(土) 21:35配信

Web東奥

 第99回全国高校野球選手権で、初戦が13日の2回戦と決まった青森山田ナインは5日、兵庫県三木市の三木高校グラウンドで、試合形式の練習に汗を流した。

 実戦に近い形は大阪入り後初めて。初戦まで1週間ほど空くため、ナインは試合勘が鈍らぬよう、緊張感を漂わせてグラウンドへ。30度を超える真夏日の中、走者は果敢に次の塁を狙い、野手は進塁を阻止すべく鋭い送球を繰り返した。

 右翼手の白鳥航大(三内小-青森山田中出)は、深めの位置でゴロをさばいた三塁手や遊撃手が送球する際、一塁のベースカバーにしっかり入ることを心掛けたという。「本番の試合中、どんなに暑くてもやるべきことを忘れないよう、しっかり準備する」と話していた。

東奥日報社

最終更新:8/6(日) 8:32
Web東奥