ここから本文です

コーン米NEC委員長:法人税引き下げ、OECD平均の23%並みに

8/5(土) 1:03配信

Bloomberg

コーン米国家経済会議(NEC)委員長は、米国が他の先進国と競争していくためには法人税の税率を少なくとも3分の1引き下げる必要があると示唆した。

トランプ米大統領はこれまで、これより大幅となる15%への税率引き下げを訴えている。コーン氏の発言は、大統領案を交渉の出発点として法案成立に向けた交渉を進めていく可能性を示唆した。現在の税率は35%。経済協力開発機構(OECD)加盟国の法人税は平均で23%程度。コーン氏はこの水準並みに法人税を引き下げる重要性を強調した。

同氏は4日にブルームバーグTVのインタビューで、「米国の法人税がOECD加盟国の平均税率を大幅に上回ってはならない」と述べ、「世界と足並みをそろえる必要がある。米国に資本が投資されるようにすべきだ」と述べた。

原題:Cohn Says Tax Writers Have to Get Corporate Rate Below 23% (1)(抜粋)

Alexis Leondis

最終更新:8/5(土) 1:03
Bloomberg