ここから本文です

欧州株(4日):ストックス600、上昇-米雇用統計に伴うユーロ安で

8/5(土) 2:00配信

Bloomberg

4日の欧州株式相場は上昇。7月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回る増加となったことを背景にユーロが下げ、株価を押し上げた。

指標のストックス欧州600指数は前日比1%高の382.53で終了。欧州製品が割高となることから、最近のユーロ高傾向は域内の企業にとって向かい風となっていた。ロンドン時間午後4時時点のユーロは1.1752ドル前後。ブルームバーグがまとめた23人のストラテジストと資産運用担当者を対象にした7月の調査で、企業業績に影響が出始める公算が大きいと指摘された1.20ドルに依然として近い水準にある。

ストックス600指数の業種別19指数は全て上昇。上昇率首位は食品・飲料株指数の1.7%で、最も低かったのは不動産株指数の0.4%だった。個別銘柄では、英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)が2%値上がり。4-6月利益が予想を上回ったことが好感された。一方、スイスの再保険会社であるスイス・リーが3.1%安。価格競争の圧力が利ざやを圧迫し、同社の1-6月は減益となった。

原題:Europe Stocks Rise While Euro Drops After Brisk U.S. Jobs Growth(抜粋)

Todd White, Namitha Jagadeesh

最終更新:8/5(土) 2:00
Bloomberg