ここから本文です

NTTのアフリカ事業、MTNやボーダコムが買収に関心-関係者

8/5(土) 2:20配信

Bloomberg

NTTのアフリカ事業に対し、MTNグループとボーダコムがそれぞれ買収に関心を示していると、事情を知る複数の関係者が明らかにした。同事業はNTTがディメンションデータホールディングス買収に伴い取得していた。

この件が公になっていないとして匿名を条件に語った関係者によると、ディメンションデータの経営陣も同事業を買い戻して株式を再上場させる可能性を検討している。これら買い手候補はウェブベースのサービスに対する需要増加を好機ととらえており、ディメンションデータのインターネット・ソリューションズ部門の獲得を主に狙っている。

関係者によると、MTNはインターネット・ソリューションズを傘下に入れるため最大6億ドル(約670億円)の買収案を検討中。パートナー契約を含む多くの選択肢が検討されており、提案の全容はまだ固まっていないという。6月には別の関係者が、NTTはアフリカ事業の売却を検討しており、買い手候補からの打診受け入れに前向きだと明らかにしていた。

ディメンションデータの広報を担当するヒラリー・キング氏は「当社や当社関連会社、子会社に関する市場のうわさ、臆測、仮説に基づく質問には返答しない」と述べた。ボーダコムの担当者は臆測にはコメントしないと述べた。MTNの担当者はコメントを控えた。

原題:NTT’s African Unit Is Said to Attract Interest From MTN, Vodacom(抜粋)

Loni Prinsloo

最終更新:8/5(土) 2:20
Bloomberg