ここから本文です

被爆72年、今こそ向き合う 元TBSアナ 記憶引き継ぐ、40歳で一歩

8/6(日) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「原爆」は過去のもの?
 いや違う。そう言って「ヒロシマ」と向き合う人々がいる。高齢化が進み、年々減っていく被爆者の記憶を受け継ごうとする人。ひたすらにここで何が起きたかを訴える人。様々な思いとともに、広島は6日、被爆から72年を迎える。▼1面参照

 「会社の打ち上げで行ったカラオケの帰りに、先輩から『なんでヒロシマについて語らないの?』って言われて『うわー、やっぱりついて回るのかー』って思いましたね」
 自身のルーツ「広島」と被爆地「ヒロシマ」への複雑な思いをこう語る。
 父が広島県呉市出身の元TBSアナウンサー、久保田智子さん(40)は、中学1年生で横浜市から広島県東広島市へ転居。……本文:3,409文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社