ここから本文です

陸上=世界選手権男子100mでボルト3位、ガトリンが優勝

8/6(日) 9:33配信

ロイター

[ロンドン 5日 ロイター] - 陸上の世界選手権は5日、ロンドンで男子100メートルを行い、ジャスティン・ガトリン(米国)が優勝した。今大会限りで引退する世界記録保持者、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)は3位だった。

ガトリンは9秒92で、世界選手権の同種目では12年ぶりの優勝を果たした。クリスチャン・コールマン(米国)が9秒94で2位。ボルトは苦手のスタートに失敗し、9秒95。主要大会で3位に終わったのは初めて。

レース結果が画面に表示された直後、観客は過去に2回ドーピング違反で処分を受けたことのあるガトリンにブーイングを浴びせた。ガトリンは「ブーイングは予選ラウンドから続いていたが、やるべきことをやった」とコメント。

ボルトについては「彼に感化されたから今の私がある」とし、「トラック上ではライバルだが、ウォームダウンのときは冗談を言い合って楽しんでいる。彼は真っ先に私を祝福し、ブーイングのことは気にするなと言ってくれた」と明かした。

サニブラウン・ハキーム、ケンブリッジ飛鳥、多田修平は準決勝で敗退。同種目での日本勢初の決勝進出はならなかった。

最終更新:8/6(日) 9:33
ロイター