ここから本文です

スバル WRX STI、ニュルでセダン最速の瞬間… ポルシェ 918スパイダー に匹敵

8/6(日) 8:15配信

レスポンス

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは日本時間の8月5日、『WRX STI』の「タイプRA NBRスペシャル」が、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを実施した際の映像を公開した。

画像:スバル WRX STIのタイプRA NBRスペシャル

WRX STIのタイプRA NBRスペシャルは、ほとんどレーシングカーといえる仕様となっており、2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力600hp以上。F1技術を導入したアクティブエアロやスリックタイヤも装着している。

このWRX STIのタイプRA NBRスペシャルが、ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、7分を切る6分57秒5をマーク。4ドアセダンの最速記録を達成した。

なお、6分57秒5は、ポルシェのプラグインハイブリッドスーパーカー、『918スパイダー』が2013年に打ち立てた6分57秒に匹敵するタイムとなる。



《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8/6(日) 8:15
レスポンス