ここから本文です

2軸回転に大画面 FMラジオ(録音対応)付きのWINケータイ「W21SA」

8/6(日) 10:10配信

ITmedia Mobile

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の三洋電機(現・京セラ)製ケータイ「W21SA」です。

【フロントスタイルでも電話をしたりできた】

 W21SAは、以前紹介した「W21S」と同じ「WIN W2xシリーズ」の1つで、auケータイとしては初めて2軸回転ボディーを採用した端末です。

 当時としてはau最大級の2.4型ディスプレイを搭載。ディスプレイを表に出した「フロントスタイル」では、「EZナビウォーク」で地図を確認するのはもちろん、メールを読んだり、通話したりもできました。

 FMラジオチューナーを内蔵していて、「EZ・FM」でラジオを聴きつつ各放送局のサイトにアクセスしたり、放送中の楽曲をダウンロードできる着うた配信サイトにアクセスしたりもできました。W21SAでは、新たにラジオの「録音」にも対応し、内蔵メモリに最大約40分間録音できました。

 付属のケーブルでテレビとつないで、撮影した写真やムービーをテレビに映すことができる機能も備えています。当時もテレビ出力ができる機種はいくつかありましたが、W21SAではカメラ撮影撮影中も画面出力可能で、撮影される側がテレビでどう「写ろうとしているか」確認することもできました。

「W21SA」の主な仕様

・発売日:2004年8月12日
・キャリア:au
・メーカー:三洋電機
・サイズ:約50(幅)×102(高さ)×25(奥行き)mm
・重量:約139g
・メインディスプレイ:2.4型(240×320ピクセル)TFT液晶 26万色
・アウトカメラ:有効約200万画素CCD
・ボディーカラー:ゼロホワイト、カスタムブラック、ソリッドミント

最終更新:8/6(日) 10:10
ITmedia Mobile