ここから本文です

松山英樹 2差4位と好位置で最終日へ、WGC2勝目なるか

8/6(日) 7:03配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<WGC-ブリヂストン招待 3日目◇5日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

松山ら日本勢のプレーを写真でプレーバック

世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」の3日目。トータル4アンダー3位タイから出た松山英樹は5バーディ・2ボギーの“67”をマーク。スコアを3つ伸ばしトータル7アンダーでフィニッシュ、首位と2打差の4位と優勝を十分に狙える位置につけた。

首位に立ったのはトータル9アンダーでフィニッシュしたベテラン、ザック・ジョンソン(米国)とトーマス・ピータース(ベルギー)。1打差の3位にはこの日“63”のビッグスコアをマークしたスコット・ヘンド(オーストラリア)がつけた。松山は明日、このヘンドと最終組の1つ前から逆転を狙う。

なお、小平智はトータル5オーバー49位タイ。谷原秀人はトータル6オーバーで58位タイとなっている。


【3日目の結果】
1位T:ザック・ジョンソン(-9)
1位T:トーマス・ピーターズ(-9)
3位:スコット・ヘンド(-8)
4位:松山英樹(-7)
5位:アダム・ハドウィン(-6)
5位:チャーリー・ホフマン(-6)
5位T:ローリー・マキロイ(-6)
8位:ラッセル・ノックス(-5)
9位:ポール・ケーシー(-4)
10位T:ジェイソン・デイ(-3)他

49位T:小平智(+5)他
58位T:谷原秀人(+6)他

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>