ここから本文です

【Krush】大和哲也らがお祭りでPR、佐藤嘉洋を悶絶させる

8/6(日) 15:20配信

イーファイト

 8月20日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて開催される『Krush.79 ~in NAGOYA~』。そのPRイベントが 5日(土)愛知・名古屋市で開催中の「第67回 大須夏祭り」にて行われた。

【フォト】お祭り内で行われたPRイベントは人だかりができる大盛況

 このイベントは名古屋の格闘技ショップ・公武堂の協力で実現したもので、昨年に引き続き2年連続で開催。「第67回 大須夏祭り」のメインステージとなる“ふれあい広場”に佐藤嘉洋・大会実行委員長をはじめ、6年目となるKrush名古屋大会の出場選手たちが続々と登場した。

 イベントは佐藤実行委員長の挨拶からスタート。K-1スーパー・ライト級王者として凱旋する野杁正明、Krush名古屋大会に公式戦で初参戦する大和哲也、大岩龍矢、泰斗、祖根寿麻らが姿を現し、それぞれ試合への意気込みを語った。

 その後、選手を代表して大和哲也がミット打ちを披露。大和はミットを持つ佐藤実行委員長を左ボディブローで悶絶させ、前蹴りでふっ飛ばして会場を沸かせる。さらに大和の左ボディ体験コーナーも行われ、ボディプロテクター越しに大和の左ボディを受けた2名のファンが悶絶体験。

 ミット打ちのデモンストレーション後のじゃんけん大会では勝者にTシャツなどのグッズがプレゼントされ、佐藤実行委員長は「本当はチケットありの状態でイベントを行いたかったのですが、ありがたいことに完売してしまって申し訳ありません。当日は生中継されますので是非ご覧になってください」とファンに呼びかけた。

写真(C)Good Loser

最終更新:8/6(日) 15:20
イーファイト