ここから本文です

LiSA シングル『だってアタシのヒーロー。』リリースイベント開催、夏休みのラゾーナ川崎が超満員

8/6(日) 23:45配信

エキサイトミュージック

日本国内のみならず、海外でもその活動が話題となるロックヒロイン・LiSA。8月2日(水)に12枚目のシングル『だってアタシのヒーロー。』(NTV系全国放送中のテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』エンディングテーマ)をリリースしたばかりの彼女が、8月6日(日)の夏休み真っ只中の日曜日の昼帯に、ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場 グランドステージにて、そのシングルのリリースを記念したミニライブを開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作はオリコンデイリーチャート発売日9位、3日翌日7位、4日6位、5日8位と好調にその売上を伸ばし、配信チャートでも軒並み上位を獲得している楽曲。「この夏イチバンの応援歌ロック」を掲げたシングル表題曲「だってアタシのヒーロー。」は、全国で放送されているテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマということもあり、ラゾーナ川崎は人混みに溢れかえっている。

台風が近づき天候も危ぶまれていた中でのまさかの快晴、ステージ前にはすでに大勢の人だかりが出来、今か今かとLiSAの登場を待ちわびるファンが浮き足立つ中、13時45分、公開リハーサルのためLiSAがステージに上がる。リハーサルとはいえ、公共の面前へのLiSA本人登場に、オーディエンスは大きく沸き、「本番楽しんでいってねー!」というLiSAの一言に会場の期待・興奮はMAXに。

14時、いよいよ本番のスタート。いつもアリーナやホールでのライブではバックバンドを引き連れてのフルバンドスタイルのLiSAだが、リリースイベントではサポートギターと共にアコースティックスタイルで演奏するのが常。今回もそのスタイルに倣ってアコースティックスタイルでのミニライブとなった。

ラゾーナ川崎に集まったファンに楽しんでもらおうと、LiSAとファンが“振り付けアロング”する楽曲「アシアトコンパス」からミニライブはスタート。すでに30度を超える気温の中、さらに会場を暑くさせて続く2曲目は、ニューシングルのカップリング「sweet frendship」をアコースティックバージョンで初披露。

その切ない歌詞とメロディに浸るのもつかの間、サポートギターがステージを下りると、「まだまだ声出せますか」とばかりに施設内の全フロアを埋め尽くす超満員の観客を煽り、いよいよ今週発売の新曲「だってアタシのヒーロー。」をカラオケで熱唱。真夏の屋外、気温も湿度も上がっていく中でのLiSAのパワフルな大熱唱に対し、ファンもさらなる熱を持ってコールアンドレスポンスで応える。リリースしたばかりのシングル曲ということもあり、会場のボルテージは頂点に。曲中の「Wow~フレーレフレーフレー」という掛け声が響き渡り、標榜どおり「この夏イチバンの応援歌ロック」をラゾーナ川崎中に蔓延させた。

今回のイベントの目玉楽曲を歌唱し終えステージは終幕と思いきや、もう1曲、2月に発売された、今年のLiSAの代名詞とも言える楽曲「Catch the Moment」を披露。まさかの別シングルの楽曲披露にファンは大歓喜。4曲の熱唱を終えたLiSAは満面の笑みでお決まりの挨拶「今日もいい日だっ!」と最後に言い残し、リリース記念ミニライブは幕を閉じた。

当日販売用に用意したニューシングル『だってアタシのヒーロー。』のCD1,000枚もその場で完売するという大盛況のリリースイベントとなった。

先日3箇所4公演、5万人を動員したのアリーナツアーを終えたばかりだが、この夏は国内外含め数多くのロックフェス出演をこなし、さらに夏のフェスパレードを終えると9月からは全国13公演のホールツアーを控えている。