ここから本文です

プロ初戦の18歳・吉本ひかるが7位「やっていく自信がついた」

8/6(日) 16:31配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇北海道meijiカップ 最終日(6日)◇札幌国際CC島松コース(北海道)◇6476yd(パー72)

最後の全英は予選落ちとなった宮里藍

7月末のプロテストに合格したばかりの18歳の吉本ひかるが15位から出て4バーディ、1ボギーの「69」でプレーし、通算4アンダーの7位でフィニッシュ。プロデビュー戦でトップ10入りの好成績を収めた。

「1Wを思い切り曲げて。もったいないけど仕方ない」とこの日唯一たたいた5番のボギーを悔やんだ。プロテストから「ショートしがちだった」というパッティングは「振り幅を大きく、リズム良く」を心掛けた。7番、17番ではいずれも7mの距離を沈めて、最終日にアンダーパーをマークした。

予選通過を決めた前日、両親からは「できるだけ上位に」、師事する中島敏雅コーチからは「最終日はアンダーでまわれるように」と発破をかけられた。いずれもクリアし「この順位で終えることができて、プロとしてやっていく自信がついた」と手応えを口にした。

滋賀短期大付属高時代の2016年6月に国内下部ツアーで史上4人目のアマチュア優勝を遂げたが、賞金獲得はもちろん今回が初めて。使い道は「お財布を買い換えたい」。十分?お釣りのくる賞金(231万4800円)に「両親にも何かプレゼントしたい」と晴れやかな笑みを浮かべた。(北海道北広島市/糸井順子)

Yahoo!ニュースからのお知らせ