ここから本文です

トッテナム、イタリア王者ユヴェントス相手に2対0で快勝

8/6(日) 14:56配信

ISM

 現地時間5日、トッテナム(イングランド)はホームでユヴェントス(イタリア)と親善試合を行ない、2対0で勝利した。

 トッテナム、ユヴェントスともに主力を先発させて臨んだ一戦は序盤から動いた。開始10分、自陣深くからのポゼッションをトリッピアーへ繋ぎ、ラストパスをケインがヘディングで決め、トッテナムが先制する。

 先制後もチャンスを作るトッテナムは52分、中央からアリのスルーパスに反応したエリクセンが、ブッフォンとの一対一を冷静に決め、追加点。試合はその後互いにチャンスを作るも両GKが好パフォーマンスを見せ、2対0のまま試合終了となった。

 プレミア開幕を翌週に控え、クリーンシート(無失点試合)と好結果を残したトッテナム。しかし、先制点をアシストしたトリッピアーが相手DFとの交錯の際に足首を負傷し、41分に負傷交代というアクシデントが発生した。

 ポチェッティーノ監督はクラブ公式HP上で「大した問題でないことを祈っている。ハーフタイムで見たときより容体は良くなっているが、今は(検査の結果を)待つしかない」と述べている。

最終更新:8/6(日) 14:56
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ