ここから本文です

新井&西川打!代役コンビで広島逆転星 「想定外が起こってもベンチ全員で」

8/6(日) 6:04配信

デイリースポーツ

 「DeNA4-7広島」(5日、横浜スタジアム)

 スタメン2人が途中交代という緊急事態もなんのその、広島が層の厚さを見せつけて逆転勝ちだ。1点を追いかける五回、試合をひっくり返したのが途中出場の新井貴浩内野手(40)と西川龍馬内野手(22)のバットだった。

 1死一、二塁の好機で打席に入ったのは、松山に代わって二回の守りから一塁に就いた新井。DeNA先発の井納の3球目をコンパクトに中前へはじき返す同点打を放った。「いつ出てもいいように、しっかり準備はできている。センター中心に打ち返すことができた」。三回2死満塁の場面では空振り三振に倒れており、その借りをきっちり返した。

 さらにバティスタの四球で1死満塁とチャンスが広がり、安部に代わって三回の守りから三塁に入っている西川に打席が回る。四回にも右前打を放っている西川は鋭い振りで中堅へはじき返し、勝ち越し犠飛。「追い込まれたので内野ゴロか外野フライでもいいと思った。最低限の仕事ができて良かった。せっかくもらったチャンスなのでものにしたかった」と笑みをこぼした。

 緒方監督は「集中力を持って粘り強く攻撃してくれた。(故障者が出る)想定外のことが起こっても、ベンチ全員で戦っていく。しっかりと役割を果たしてくれた」とナインの頑張りをたたえた。アクシデントも乗り越えながら広島が力強く連覇への道を突き進む。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(水) 10:10