ここから本文です

光と音が宍道湖畔彩る 「松江水郷祭」湖上花火大会

8/6(日) 7:55配信

産経新聞

 水都の夏を彩る「松江水郷祭」のメイン行事となる湖上花火大会が5日夜、松江市の宍道湖東岸一帯で開かれ、約1万発の花火が松江の夜を色鮮やかに焦がした。

 昨年と同様、水郷祭を3日間とする一方、花火を中日のみに集約。午前中から大勢の人たちが宍道湖岸に繰り出し、露店やイベントコーナーなどを楽しんだ。

 午後8時、花火の打ち上げがスタート。1尺玉(10号玉)が昨年より増え、観衆らはスケールアップした水中花火を堪能するとともに、斜め打ち込み花火や「しだれ三段咲き」など華やかな光と音の芸術を満喫した。

最終更新:8/6(日) 7:55
産経新聞