ここから本文です

NASAが「惑星保護官」を募集 9歳の子からかわいらしい応募のお手紙が届く

8/6(日) 18:11配信

ねとらぼ

 米航空宇宙局(NASA)が惑星保護官(Planetary Protection Officer)を募集したところ、9歳の男の子から応募の手紙が来たことが海外で話題を呼んでいます。

【画像】9歳の男の子からの手紙

 応募してきたのは「ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー」を名乗る米ニュージャージー州のジャックくん。「僕は9歳かもしれませんが、この仕事にぴったりだと思います」と自信をのぞかせています。その理由として、兄弟から宇宙人だと言われたこと、見られる宇宙やエイリアンの映画はほとんど見ていること、テレビゲームが得意なことなどを挙げています。

 惑星保護官とは、惑星を宇宙人の侵略から守る仕事というわけではなく、月や火星などからサンプルを持ち帰る際にその中に含まれる微生物から地球を守ること、他の惑星を探査する際に地球の細菌を持ち込んで汚染しないようにすることがお仕事。

 NASAはジャックくんへの返事で惑星保護官の仕事について説明するとともに、「いつかNASAで会いたい」とつづっています。また惑星研究ディレクターのジョナサン・ラルさんがジャックくんと電話で話したことも報告しています。

最終更新:8/6(日) 18:11
ねとらぼ