ここから本文です

伊東高3年ぶりV 初島・熱海間12キロ競泳

8/6(日) 9:20配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 第70回初島・熱海間団体競泳大会(熱海市主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が4日、同市の初島港から熱海サンビーチまでの約12キロの区間で行われた。2時間01分34秒をマークした伊東高水泳部が2014年の第67回大会以来、3年ぶりに優勝を果たした。

 県内外から30チームが参加。各チームの泳者は3人一組でゴールを目指した。肥田廉太郎主将(3年)、杉本蓮樹さん(2年)、上野礼登さん(2年)の3人で挑んだ伊東高水泳部は、3連覇を狙う八王子水泳愛好会と接戦を繰り広げたが、終盤にリードを奪って逃げ切った。

 熱海サンビーチのゴールでは、水泳部の仲間や保護者らが3選手を出迎え、健闘をたたえた。昨年は2位で雪辱に燃えていたという肥田主将は「最高。先生やいろいろな人の協力があって、きついところでも粘れた」と笑顔で語った。

 このほかの県勢は静岡商業高が9位、最年少の14歳を含む3選手で臨んだ熱海中水泳部が29位だった。30チームは、すべて制限時間内に完泳した。

静岡新聞社