ここから本文です

ウラヌスチャーム圧巻の末脚!上がり3F32秒0たたき合い制す

8/6(日) 6:05配信

デイリースポーツ

 「新馬戦」(5日、新潟)

 4番人気のウラヌスチャーム(牝2歳、父ルーラーシップ、母アメジストリング、美浦・斎藤誠)が壮絶なたたき合いを鼻差制した。

 ほぼ最後方から繰り出した上がり3F32秒0の末脚は圧巻の一語だ。石橋脩が「この流れを差し切るのは能力ですね」と言えば、斎藤誠師は「正直なところ1本か2本追い切りが足りない状態。いいものがあるんだね」と感心。今後は新潟2歳S(27日・新潟)を視野に入れる。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ