ここから本文です

ガトリンVに大ブーイング 「ウサイン・ボルト」コールでレース後は混沌

8/6(日) 6:34配信

デイリースポーツ

 「陸上・世界選手権」(5日、ロンドン競技場)

 男子100メートル決勝が行われ、今大会で現役引退を表明している“人類最速の男”ウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=は9秒95で3位に終わり、個人種目ラストランを飾れず、最速伝説に終止符が打たれた。優勝はアテネ五輪金メダリストのジャスティン・ガトリン(35)=米国=が9秒92で優勝。新星のクリスチャン・コールマン(21)=米国=が9秒94で2位だった。

【写真】あっ!コケそう…準決勝のスタートでつまずくサニブラウン

 もはや誰が勝者か分からないほど、ゴール後には混沌が待っていた。ボルト、コールマン、ガトリンによる大接戦。かつてドーピングによる出場停止のあったガトリンの優勝が表示されると、観客は大ブーイング。そして自然と「ウサイン・ボルト」の大コールが巻き起こった。

 長年戦ってきたライバル同士だが、クリーンなボルトがヒーロー扱いされる一方で、ガトリンには国際大会で容赦なく、罵声が浴びせられてきた。ゴール後、勝ったガトリンはひざまずいてボルトのラストランを称え、ボルトも抱擁で応じたが、ボルトへの歓声と、ガトリンへの大ブーイングは2人がトラックから姿を消すまで、響き続けていた。