ここから本文です

JR西のラッピング列車「パンダくろしお」到着 白浜駅で歓迎セレモニー

8/6(日) 7:55配信

産経新聞

 JR西日本が白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」と共同企画したラッピング列車「パンダくろしお『smileアドベンチャートレイン』」の運行が5日から始まり、列車が到着した白浜駅では歓迎セレモニーが開かれた。

 JR西が今年で発足30周年を、アドベンチャーワールドが来年開園40周年を迎えることから、初めて特急「くろしお」号のラッピングを企画した。

 ラッピング列車は287系の1編成で、車体の前部にジャイアントパンダの顔があしらわれ、車体側面や車内にもパンダやライオン、ホッキョクグマ、ホワイトタイガーなど施設で飼育されている計20の動物のデザインが施されている。

 この日午前8時20分に、大阪市の天王寺駅で仁坂吉伸知事らが出席して出発式が行われ、同11時8分に終点の白浜駅に到着した。約200人の乗客はホームに降りると、先頭車両や出迎えたゆるキャラなどに盛んにシャッターを切っていた。改札口では地元のフラチームが出迎え、乗客らにレイがかけられ、歓迎ムードを盛り上げた。

 ラッピング列車は平成31年11月ごろまで運行するという。

最終更新:8/6(日) 7:55
産経新聞