ここから本文です

真夏の味、アイス焼き芋はいかが? 長浜の道の駅で人気

8/6(日) 7:55配信

産経新聞

 長浜市西浅井町の道の駅「塩津海道 あぢかまの里」で、オリジナル商品「アイス焼き芋」が販売されている。焼きイモを丸ごと冷凍したシンプルな商品だが、独特の食感が人気を得ている。

 九州産の「紅はるか」を赤外線ヒーターで焼いたあと真空パックに入れ、マイナス13度で冷凍。食べる際には半解凍し、シャーベット状にして味わう。甘味料は一切加えていないという。

 浅井正彦駅長(65)は「珍しい真夏の味」とPRする。おやつとしても人気の冷凍イチゴにヒントを得て、焼きイモで挑戦しようと開発したという。1本300円。

 浅井駅長は「冷たさでひき立った甘みを実感してほしい」と話している。

最終更新:8/6(日) 7:55
産経新聞