ここから本文です

千葉真子さん、サニブラウンの今後に期待「9秒台を出すのは時間の問題だと思います」

8/6(日) 9:50配信

スポーツ報知

 2003年パリ世界陸上銅メダリストで、スポーツコメンテーターの千葉真子さん(41)が、6日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に出演し、ロンドン世界陸上の男子100メートルを振り返った。

 準決勝には、五輪と世界陸上を通じて史上最多となる日本勢3人が進出したが、サニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=、多田修平(21)=関学大=ともに惜しくも決勝進出を逃した。

 今大会限りでの現役引退を表明している世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)は9秒95で3位に終わり、有終の3連覇はならなかった。

 千葉さんは日本勢3人に「あっぱれ! 準決勝3名は初めてですから。サニブラウン選手はもったいなかった。最初の3、4歩でつまづいてしまった。焦って取り戻そうとしたのが…。予選のレースを見て、サニブラウン選手が9秒台を出すのは時間の問題だと思います。まだ200メートルとリレーもありますから」と今後のレースに期待していた。

最終更新:8/15(火) 7:06
スポーツ報知